産経ニュース

【女性記者・色街そぞろ歩き】花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【女性記者・色街そぞろ歩き】
花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか

大塚三業通りのシンボル灯の上には、小さな芸者像が=東京都豊島区南大塚 大塚三業通りのシンボル灯の上には、小さな芸者像が=東京都豊島区南大塚

 JR山手線の大塚駅。池袋と巣鴨にはさまれ、都電が走っている以外、これといった印象がなかった。でも8年前、縁あって芸者さんを呼んだお座敷遊びを見学させてもらって、忘れられない街になった。なんとも不思議な、一夜だったから。かつて都内有数のにぎわいだったという大塚の花柳界、今はどうなっているのだろうか。(文化部 永井優子)

 芸者遊びというと、城塞のような黒塀を巡らせた高級料亭で、贅(ぜい)を尽くした料理をいただきつつ、黒い着物の裾を引いた日本髪の芸者さんの踊りや唄を、かしこまって拝見するイメージ。敷居が高く、窮屈なものだと思っていた。

 ところが、仕事で知り合った人の実家が大塚の料亭だという。お願いして、なじみのお客さんの宴席を見学させてもらえることになった。

 お客は「先生」と「若様」と呼ばれる60代、40代くらいの男性2人、そこに芸者さんが2人。日本髪ではなく、普通のアップスタイルの和装だ。料亭のおかみさんも加わり、ごく簡単な肴で、まずは乾杯。掘りごたつに足を突っ込み、座敷は広いが、ごくふつうの家のだんらんのような雰囲気だ。

 口を湿らせたら、いよいよ芸者さんが三味線、太鼓を披露する。三味線はまだ修業中で、よその座敷では弾かないけど、おなじみさんだから少しだけ、とのこと。続いて「奴さん」「縁かいな」「さわぎ」といった踊り。伴奏は持参のテープだ。「先生」がカラオケで「矢切の渡し」を歌えば、おかみさんが、「悲しい酒」に合わせて踊って盛り上げる。「お地蔵さん」という体をふれ合うお座敷芸のほか、最後のほうには、ちょっと卑猥な替え歌を、芸者さんが用意してきたメモを見ながら一緒に歌って笑い転げる。かしこまったことは何もなく、にぎやかな座持ちで、部屋の中だけ憂き世を離れた別世界の趣だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか
  • 花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか
  • 花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか
  • 花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか
  • 花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか
  • 花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか
  • 花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか
  • 花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか
  • 花柳界の名残を訪ね 東京・山手線で大塚へ 今も芸者遊びはできるのか

「ニュース」のランキング