産経ニュース

【日曜講座 少子高齢時代】高齢化する高齢者 「貧しき独居女性」対策急げ 論説委員・河合雅司

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日曜講座 少子高齢時代】
高齢化する高齢者 「貧しき独居女性」対策急げ 論説委員・河合雅司

 65~74歳は減少傾向

 日本は高齢社会に突入したが、その実像はあまり知られていない。一口に「高齢者」と言っても年齢幅は広く、年代の偏りもある。

 総務省の報告書(9月15日現在)によれば、65~74歳(1764万人)と75歳以上(1697万人)の人口は拮抗している。

 75歳以上をさらに区分すると75~79歳が652万人、80~84歳が518万人、85歳以上は527万人。高齢者全体の3分の1近くを80歳以上が占めている計算だ。「高齢者」の高齢化が進んでいるということである。

 この傾向は加速していく。国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の推計では、2017年には75歳以上人口が65~74歳人口を上回る。その後も75歳以上は増え続け、2050年頃には総人口の4人に1人が該当するという。

 一方で、65~74歳は2031年まで減少傾向をたどり、一旦は上昇に転じるが2041年に1676万人となった後に再び減り始める。

 65歳になったばかりの人と、100歳近い人とでは親子ほどの年齢差がある。これを、一くくりにして考えることには無理があろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング