産経ニュース

【女子大生ストーカー刺傷】女子大生の手記全文 「殺されるかもしれない」と警察に絶対に伝えた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【女子大生ストーカー刺傷】
女子大生の手記全文 「殺されるかもしれない」と警察に絶対に伝えた

公表された冨田真由さんの手記 公表された冨田真由さんの手記

 東京都小金井市で5月、音楽活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)がファンの男に刺され重体となっていた事件で、冨田さんが16日に公開した手記全文は次のとおり(原文ママ)

 まずは、私が被害に遭ったときに、現場で犯人に立ち向かってくれた方、110番通報をして下さった方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。

 今私が生きていられるのは、皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

 また、被害に遭った後から、これまでの間、警視庁の犯罪被害者支援室の皆様には大変お世話になっていて支援室の皆様にはとても感謝しています。

 犯人からのSNSへの書き込みが始まったのは平成26年の6月からでした。

 特に不安や恐怖を大きく感じるようになったのは、ライブ終了後にストーカー行為をされたことや、生き死にに関する書き込みが1日に何件もくるようになったことがきっかけです。

 初めは、気にしないでいようと踏ん張っていましたが、どんどん不安や恐怖が積み重なり、その重さに限界を感じていました。そんな気持ちから家族や友人に相談しましたが、犯人が急に目の前に現れて殺されそうになったとしても、私も家族も周りの人も素人なので、自分のことや誰かを守る方法は何も知りません。

続きを読む

「ニュース」のランキング