産経ニュース

【小池知事定例会見録(上)】特区…「『幻の焼酎』を飲みながら星を眺める。これはいいなと」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録(上)】
特区…「『幻の焼酎』を飲みながら星を眺める。これはいいなと」

定例会見に臨む小池百合子東京都知事=9日午後、東京都庁(桐山弘太撮影) 定例会見に臨む小池百合子東京都知事=9日午後、東京都庁(桐山弘太撮影)

 「そこで、コスト縮減、有明アリーナの場合に、ではどういうことができるかということを、私、3つ考えました。1つ目が、一つ一つの会場を見ています、これまでもアクアティクスセンターがどうだ、海の森はどうだ、1000億円いって、491億円になって、その後いくらだっていう、買い物競争でどんどんコスト縮減をして、そして例えば道路のヒートアイランド対策は、これは結構かかるのです。ただし、これは有望な、何て言うのですか、開発、成長戦略にもつながるわけです。そして、それは、マラソンコースなどの、そこの道路だけではなく、これからヒートアイランド対策というのをどんどん東京中の道路というわけにもいかないでしょうけれど、そういったことを成長戦略として考えますと、例えば道路のヒートアイランド対策で遮熱性の舗装とかというと、先日はアラムコの社長をやっていた今のサウジアラビアの石油産業大臣が、『おもしろい、それわが国で使えないだろうか』と言ってくるわけです。成長戦略です」

 「ですから、まず、コストという縮減の問題と、インベストメント、また片仮名言っていますね、私。費用としてつぎ込むのと、それをベースにして投資として将来に伸ばすのと、これもう一度整理しようと思っています。これが1点目」

 「それから2点目であります。これまでアクアティクスセンターがどう、そして今の有明のバレーボールがどう、体操競技がどう、そしてまた、これから、例えばスポーツクライミングとかいろいろと出てきています。こういった問題が一つ一つの会場として考えてきています」

続きを読む

このニュースの写真

  • 特区…「『幻の焼酎』を飲みながら星を眺める。これはいいなと」

「ニュース」のランキング