産経ニュース

【小池知事定例会見録】「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 「一方で、有明アリーナでございますが、ご承知のように、404億円、そしてまた、それがいろいろと削ることによって、60億円ほど減額できるという見通しもございますけれども、そのように整備費の更なる縮減、それから収支計画の見直しを追求するというのは、これは進めてまいります。また、一方で、私はこれを何度か申し上げていて、皆さんあまりお気付きになっていないかもしれませんけれども、民間の活用であるとかコンセッション方式についても、こちらの方についても追求をしていきたいと思います」

 「要は、あの有明の地域にありまして、いろいろとスポーツ施設もあっちこっちにあったりもするわけでございますけれども、そういったことも総合的に考えていくということも含めて、横浜、そして有明、これはできるだけ早い時期に、クリスマスというと、皆さんもいろいろと、日が迫ってくると、年末も忙しい時期でございますし、特にIOCの皆様方はクリスマスを12月24日ではなくて、その1週間や10日ぐらい前からクリスマスホリデーに入ってしまいますので、その意味では、ご迷惑をかけないように努力をしていきたいと思っております」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

「ニュース」のランキング