産経ニュース

【小池知事定例会見録】「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 「2番目の、残念ながら、今回、三つの会場のうち二つについては、東京都としての結論を出させていただき、ご了承いただいたわけでございますが、残った横浜アリーナか有明アリーナかというお話につきまして、これまでも横浜市の方にご協力をお願いしてきたところでございます。そして、それについて、25日の時点で東京都の方に文書が届いていたということでございますが、私自身がそれを目にいたしましたのは昨日の話でございます。この点については、ちゃんと私の方に情報を上げるようにということを、先ほど局の方に通達をしたところ、指示をしたところでございます。もっとも、こういうのはあまり外にお話しするようなたぐいの話ではないかと思いますけれども、しかし、そういう事実でございましたので、あえてここで触れさせていただきます」

 「それから、バレーについては、あの文書のとおり、それぞれまとまってということであるならば横浜市は応じますという、そのような読み方を私どもはいたしておりまして、そして、林市長と私はもう長年の友人でございます。ゴルフ友達でございますが。非常にビジネスにも通じて、とても明快な市長で、私はとても尊敬しているところでございます。市長もいろいろとお立場がある中で、こうやってご協力いただいていることに私は心から感謝を申し上げたいと、このように思っております。よって、この横浜アリーナに関しましては、都と横浜市でお互いの窓口を定めまして、引き続き情報交換、そして競技会場としての課題の整理は進めてまいります」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

「ニュース」のランキング