産経ニュース

【小池知事定例会見録】「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 「ですから、そこで議論をすることが目的ではなくて、結論を出すということが目的でありますので、まず東京都としての考え方を述べたということでございます」

 「ということで、そこでもう東京都としてのお話をさせていただいたことによって、IOCが準備をされておられました各会場の評価ということは、それは、客観的なことはありがたいことでありますけれども、既に東京都としての考え方を述べたという時点で、それは、IOCのご意見を伺うという意味になってしまうということで、IOCのご判断で、その後のIOCからの報告ということはなくなったと理解をいたしております」

 「よって、今回、全て公開されて、その後の費用のことについても議論が全て公開の場で行われたことは、私はよかったのではないかと思っておりますし、ただただ長く時間をかければいいものではございません。そういった意味で、今回、コーツ委員長が議長役をなさいましたので、その点を私はお願いをし、かつ東京は結論を述べますからと申し上げたところ、分かったという話でございました」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

「ニュース」のランキング