産経ニュース

【小池知事定例会見録】「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 --ご苦労もあったかと思うが、有明が難しいという状況になれば、ある種の挫折になるのでは

 「それは全く当たりませんね。なぜならば、オリンピックがいかにサステイナブルであるべきかということを追求いたしました。お金の金額で言うならば、2000億円削りましたという方もおられますけれども、そこから更に削っているわけでありまして、その分を見過ごしておられたということではないでしょうか。このまま行きますと、豊洲ではありませんけれども、どんどんどんどん膨らんでいたと思います。誰が歯止めをかけるのでしょうか。IOCでしょうか。組織委員会でしょうか。結局は都民の皆様方にその費用がかかってくるということで、私であれ、誰であれ、都民に責任がある者はそのことをしなければならなかったのではないでしょうか」

 「ですから、鼠どころか、大きな黒い頭の鼠がいっぱいいるということがここで分かったではないですか。入札の方式はどうなのでしょうか。そういったことを見なければいけないのではないでしょうか。

そして、オリンピックの精神が持続可能であるということについては、バッハ会長が一番おっしゃっていること、つまり、その次の会場がどうなるのかということまで東京は責任を持たなければならない」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

「ニュース」のランキング