産経ニュース

【小池知事定例会見録】「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 「ありがとうございます。まず、ボート・カヌーの海の森でございますけれども、その前に申し上げておきますと、これは最終的にはスマート案ということで決定をいたしました。ちなみに、仮設という言葉がよく使われますけれども、どうも、結構仮設でも費用かかるのですが、仮設という言葉は、本当に、何ていうのでしょうか、安価なものの印象を与え、仮設は仮設でも結構いいものだったりするのです。ということで、スマートという言葉に変えたということでございますが、この水上競技場スマート案ということで決定をしたということでございます」

 「それから、長沼につきましては、先方からも、先方というのはIOCの方からも、プレキャンプということでお話がございました。4者協議のときに発表されるというか、IOCが報告される中にも長沼案については、プレキャンプとしてという、そのような項目が盛り込まれていたわけでございまして、そのIOCからのご助言ということを最終的に受け入れたということでございます」

 「それは、復興五輪ということと、長沼がいつでも競技ができる状況でございますので、残念ながら本戦は行われないものの、そこでは前もっての競技の練習ができ、そして本番に臨めるという点では、大変価値があるということでございますので、そのように決めさせていただいたわけでございます」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

「ニュース」のランキング