産経ニュース

【小池知事定例会見録】「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 記者の質問に答える小池百合子都知事=2日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 「まず、最初の答えとして、予算編成そのものに外部の方が関わるということはございません。そしてまた、実行プランの作成過程においての政策的な面での助言を頂くことはございますが、ここに何千万円かける、こっちには何万円かける、いや、ここはもっと差し引くというようなことは、これはまさしく知事の権限でございますので、それについては今のご懸念のようなことはございません」

 「それから、その過程につきましても、これは徹底して私は情報公開をしていきたいと。やはり見える化ということが何よりも東京大改革の一番重要なところでございますので、そこは徹底して参りたいと考えております」

 --五輪について3点。まず一つは、ボート・カヌー会場について、海の森の建設を進めていくという案を採用するが、長沼を見送った理由について、現地で直接説明するのか。2点目は、横浜アリーナに関して、横浜市からペーパーが出ているということを知らずに4者協議に臨んだのか。3点目は、有明アリーナは車椅子バスケの会場でもある。競技団体側から意見聴取の予定は

続きを読む

このニュースの写真

  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判
  • 「大きな黒い頭の鼠がいっぱい」独特の言い回しで五輪大会経費の高額化を批判

「ニュース」のランキング