産経ニュース

【電通女性社員過労自殺】高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(下)「深夜の飲み会で叱責して生産性上がるのか」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【電通女性社員過労自殺】
高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(下)「深夜の飲み会で叱責して生産性上がるのか」

消灯された電通本社の写真について説明する川人博弁護士=11月29日、東京都千代田区、日本記者クラブ(高原大観撮影) 消灯された電通本社の写真について説明する川人博弁護士=11月29日、東京都千代田区、日本記者クラブ(高原大観撮影)

 海外勤務の日本人過労死

 「特に中国に出張している人たちの相談が多いです。運送会社で上海で働いていた方の場合。ストレスで2010年に心筋梗塞(こうそく)で突然死しました。外務省の上海総領事館の調査では2008年から2013年で日本人247人が亡くなっている。突然死35%などとあります。過労死の疑いが強いものが多い」

 「背景は、グローバル化で本社からいろいろ指示が出る。加えて現地では顧客へのアテンドや中国国内の出張などで多忙を極めます。この中で健康が害され、過労死する。同時に大気汚染や中国特有の治安問題も健康を害する要因です。海外で働く日本人の健康確保は海外で考えてもらう、というのは間違いです。会社全体で考える必要があります」

 警備員業界

 「オリンピックを前に警備員の方たちの業務は多くなっているといわれてます。50歳の警備員の方が脳内出血を発症し、寝たきりになった。地裁は労災と認定したのですが、労働時間の計算方法で裁判所は重要な判断をしました。休憩時間として会社が扱っている時間ですが、常に無線機を携帯させ、敷地外にも出さなかった。これはおかしいという判断です。これは実質的な労働時間として考えて労災として認めなければならないというわけです」

続きを読む

このニュースの写真

  • 高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(下)「深夜の飲み会で叱責して生産性上がるのか」
  • 高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(下)「深夜の飲み会で叱責して生産性上がるのか」
  • 高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(下)「深夜の飲み会で叱責して生産性上がるのか」

関連ニュース

【電通女性社員過労自殺】高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(上)「電通鬼十則は即時消すべき」

「ニュース」のランキング