産経ニュース

【にっぽん再構築 子供が危ない】保育園が開園できない負の連鎖 知らない子の声はノイズか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【にっぽん再構築 子供が危ない】
保育園が開園できない負の連鎖 知らない子の声はノイズか

 2年前に首都圏で起きた事件が保育園関係者を震え上がらせた。男が近所に住む保育園児の父親をオノで脅して逮捕されたのだ。

 捕まった40代の無職の男は、頻繁に役所や保育園に「園児の声がうるさい。親のマナーが悪い」と電話でクレームを入れ、事件前日には「対応しないなら園児の首を切る」と脅した。

 自治体は、警備員を数カ月、保育園に常駐させたほか、警察関係者も立ち会う保護者説明会を開催。防犯カメラも設置し、門やフェンスもかさ上げした。

 こうした例は極端にしても、「子供の遊ぶ声がうるさい」「地価が下がる」といった住民の反対により、東京都杉並区や千葉県市川市などで保育園開園の断念や延期が相次いだ。連鎖は首都圏にとどまらない。

   □   □

 名古屋市中川区のアパート跡地。ここでも、来年4月に予定された保育園開園が取りやめとなった。

 「どうも業者(社会福祉法人)が『地元の反対はなかった』と区役所に話を持っていったようなんです。すると、近隣から『初耳だ』と抗議の声が上がった」。40代の男性は話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 保育園が開園できない負の連鎖 知らない子の声はノイズか
  • 保育園が開園できない負の連鎖 知らない子の声はノイズか

関連ニュース

【問題の裏側】東京・吉祥寺の保育園反対運動は住民エゴなのか 「高慢」「子供施設が嫌いな人々」といわれた住民たちは…

「ニュース」のランキング