産経ニュース

【衝撃事件の核心】失踪1万人「消えた中国人」をビジネス化 日本と中国を股にかける38歳女ブローカーの正体

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
失踪1万人「消えた中国人」をビジネス化 日本と中国を股にかける38歳女ブローカーの正体

社会問題化する技能労働者の失踪…「ブローカーが後押し」

 技能実習生をめぐっては昨年、過去最多の5803人が失踪していたことが明らかになっている。

 失踪した実習生を国別にみると、中国が3116人で最も多く、ベトナム(1705人)、ミャンマー(336人)と続いた。失踪者の約5割を中国人が占めており、23年からの5年間で計1万人超の行方が分からなくなっている。

 もはや社会問題ともいえる実習生の失踪。岡野容疑者のようなブローカーが受け皿となり、失踪を後押ししているようだ。警視庁幹部は「不法滞在者をかくまったり、仕事を斡旋するブローカーは無数にいる。暴力団や国際的な犯罪組織と連携しているケースも多い。放置しておけば治安への不安につながるとともに、制度の根幹にかかわる事態になりかねない」と警戒を強めている。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】そもそも「医療大麻」ってあるの!? 否定する厚労省…“有効活用”のまやかし

「ニュース」のランキング