産経ニュース

【大内清の中東見聞録】シリア内戦 父の影追うアサド大統領、徹底抗戦の反体制派

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大内清の中東見聞録】
シリア内戦 父の影追うアサド大統領、徹底抗戦の反体制派

10月14日、ロシアメディアの取材に応じるバッシャール・アサド大統領=SANA提供(ロイター) 10月14日、ロシアメディアの取材に応じるバッシャール・アサド大統領=SANA提供(ロイター)

 シリア問題を担当するデミストゥラ国連特使は10月、アレッポへの政権側の攻撃を抑止するため、ヌスラにアレッポからの退去を促した。国連の要人が自ら、欧米をも敵視するジハード勢力のいわば「人質」になると発言するのは極めて異例だ。

 同時にデミストゥラ氏は、「千人ほど(のヌスラ戦闘員)が、(反体制派地域に住む)27万5000人の運命を握っている」と、ヌスラの存在が市民を危険にさらしているとも指摘した。

 こうした発言は、人道危機の責任の一端が反体制派側にもあり、人命損耗を回避して内戦を終結に導くには反体制派側を説得して戦闘から遠ざけるしかないという“現実的判断”に基づくものともいえるだろう。

 もっとも、ヌスラやヌスラと同盟関係にあるジハード主義系の反体制諸派は、劣勢の中でも拠点とする北部イドリブ県などで活発に戦闘員の徴募を行い、ネット上では、国外のシリア難民に対してアレッポでの戦闘に参加するよう帰還を呼び掛けるプロパガンダビデオなども絶えず発表している。デミストゥラ氏の提案はそもそも反体制派には受け入れがたいものだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • シリア内戦 父の影追うアサド大統領、徹底抗戦の反体制派
  • シリア内戦 父の影追うアサド大統領、徹底抗戦の反体制派
  • シリア内戦 父の影追うアサド大統領、徹底抗戦の反体制派

関連ニュース

【シリア情勢】政権軍、アレッポ東部で制圧 民間人400人が脱出

「ニュース」のランキング