産経ニュース

【運動記者の直言】ジャンボ尾崎よ、シニアをなめてはいけない! 5年連続の賞金王・ランガーが歩んできた40年

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【運動記者の直言】
ジャンボ尾崎よ、シニアをなめてはいけない! 5年連続の賞金王・ランガーが歩んできた40年

シニアでも存在感を示すランガー。スリムな体は20代の頃から変わらない(AP) シニアでも存在感を示すランガー。スリムな体は20代の頃から変わらない(AP)

 ドイツが誇るスポーツ界の「英雄」といえば、多くの自国民がサッカーのフランツ・ベッケンバウアーを想像し、テニス界のレジェンド、ボリス・ベッカーを挙げる者もいるだろう。しかし、栄光のキャリアでいえば、欧州を代表するプロゴルファー、ベルンハルト・ランガー(59)も負けてはいない。50歳以上の選手で競う米シニア「チャンピオンズツアー」で今年も貫禄を示し、5年連続の賞金王に輝いた。その競技人生は波乱万丈で、20代で深刻な「イップス」を経験。けがやスランプを乗り越え、若い頃に増して安定した成績を残す。日本のシニアゴルファーたちも、西洋の騎士のごとく実直で礼儀正しい「ランガー先生」から大いに学ぶべきだろう。

 11月13日、米シニアの今季最終戦、チャールズ・シュワブ・カップ選手権を2位で締めくくったランガーが5年連続8度目の賞金王を決めた。獲得賞金は301万6959ドル(約3億2300万円)に及ぶ。金字塔を打ち立てたランガーは、テレビのインタビューで競技人生を支えてくれた家族やキャディー、友人らに対する「感謝」の言葉を並べた。 

 少年時代はゴルフと縁がなかったが、猛練習を重ねて15歳でプロに転向し、23歳で欧州ツアー初優勝。四大大会のマスターズ・トーナメントに2度優勝するなど、そのキャリアは非の打ち所がない。ドイツ人らしく勤勉で、ゴルフのプレースタイルは冷静沈着。飛距離は出ないが戦略性に富む。

続きを読む

このニュースの写真

  • ジャンボ尾崎よ、シニアをなめてはいけない! 5年連続の賞金王・ランガーが歩んできた40年
  • ジャンボ尾崎よ、シニアをなめてはいけない! 5年連続の賞金王・ランガーが歩んできた40年
  • ジャンボ尾崎よ、シニアをなめてはいけない! 5年連続の賞金王・ランガーが歩んできた40年
  • ジャンボ尾崎よ、シニアをなめてはいけない! 5年連続の賞金王・ランガーが歩んできた40年
  • ジャンボ尾崎よ、シニアをなめてはいけない! 5年連続の賞金王・ランガーが歩んできた40年

関連ニュース

【スポーツ異聞】「がに股打法」元中日の種田仁容疑者の転落人生 現役時代は「のむ、打つ、買う」

「ニュース」のランキング