産経ニュース

菅直人元首相、自身も登場の福島第1原発事故映画の上映会で言いたい放題「あと紙一重で私も皆さんも…」「今の体制、全く安心ではない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


菅直人元首相、自身も登場の福島第1原発事故映画の上映会で言いたい放題「あと紙一重で私も皆さんも…」「今の体制、全く安心ではない」

菅直人元首相(斎藤良雄撮影) 菅直人元首相(斎藤良雄撮影)

 それに加えて申し上げると、今、日本の中でいろんな議論が改めて起きているが、たぶん福島原発のあの1号、2号、3号、メルトダウンしているが、最終的には更地にするというのが、東電の目標だ。しかし、昨年、チェルノブイリに行って、30年たった原発がどうなっているかというと、最初は石棺、コンクリートで固めたが、30年経ったら、放射能が洩れてきた。そこで、数千億円を世界から集めて、その上に大きな金属のドームをかぶせた。

 じゃあ、その後どうするのか。その後、じっと何十年か、百年か、その状態で、見守っている。とてもとてもメルトダウンした燃料を取り出して、更地にするなんてことは、少なくともチェルノブイリの例をみていると、できない。だから、たぶん日本も、東電はできると今のところ言っているが、私はとても難しいと思う。

 事故を起こさない原発はドイツなどでも、最初に燃料棒を取り出すから、それはできる。ただ、燃料が溶けてしまって、デブリという形になったものを、処理したのは、これまで唯一、スリーマイルの事故で一部あるだけ。しかし、スリーマイルの事故というのは、圧力容器の内側で一部溶けただけで、圧力容器を突き抜けてはいない。

 しかし、福島は1号、2号、3号とも圧力容器を熱で突き抜けている。そして格納容器の底にたまっている。だからもう、それは世界で例がない。

 それが実情だということを申し上げ、今日のトークを終わりたい。(了)

関連ニュース

【阿比留瑠比の偏向ざんまい】「立憲主義」を振りかざす民進党よ 菅直人政権の「無法」を忘れたのか?

「ニュース」のランキング