産経ニュース

【経済インサイド】テトリスの生みの親が語る パズルゲームの未来

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
テトリスの生みの親が語る パズルゲームの未来

任天堂の携帯型ゲーム機ゲームボーイ版のテトリスの画面 任天堂の携帯型ゲーム機ゲームボーイ版のテトリスの画面

 1980年代から90年代、ゲームセンターや家庭用ゲーム機で一世風靡したパズルゲームの代名詞、テトリス。旧ソ連で生まれたこのゲームの開発者、アレクセイ・パジトノフさん(61)が取材に応じ、開発の経緯やテトリスの未来について語った。

 テトリスは4つの正方形を組み合わせた棒状やT字状など7種類のブロックを横一直線に並べて消していくパズルゲーム。上から急速に落ちてくるブロックを回転させたり、左右に動かしたりして並べて、棒状のブロックを使って4段を一気に消すなどの技を駆使して、当時のゲーマーは高得点を競った。

 日本では昭和63年にセガ・エンタープライゼス(現セガ・インタラクティブ)がゲームセンター用のゲームとして発売したのを皮切りに、任天堂の携帯型ゲーム機、ゲームボーイが発売された当初のゲームとしても大ヒットした。

 モスクワでコンピューター科学者をしていたパジトノフさんは、1984年に最初のテトリスを開発した。「もともと、パズルが好きで、木の枠に5つの正方形でできたブロックをはめていく『ペントミノ』というパズルをどうやったらコンピューターゲーム化できるかを考えた」という。ただ、ペントミノは、テトリスよりも多い5つの正方形を組み合わせたブロックを使うパズルのため、複雑になりすぎると考え、4つの正方形を組み合わせたブロックに変更。さらに、その後のパズルゲームに大きな影響を与えた、上からブロックが出てきて下に落ちていくという「落ちモノ」パズルのルールを考案して採用した。

続きを読む

このニュースの写真

  • テトリスの生みの親が語る パズルゲームの未来
  • テトリスの生みの親が語る パズルゲームの未来

関連ニュース

【経済インサイド】VRでヒット「女子高生の家庭教師」体験ソフトで見えた新技術の方向性とは

「ニュース」のランキング