産経ニュース

【小池知事定例会見録】豊洲問題「私の着任前の事件という位置付けではございますが、都政を預かる者としてけじめをつける。けじめでございます」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
豊洲問題「私の着任前の事件という位置付けではございますが、都政を預かる者としてけじめをつける。けじめでございます」

定例会見を行い、豊洲市場の盛り土問題に関する懲戒処分を発表した、小池百合子東京都知事=25日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見を行い、豊洲市場の盛り土問題に関する懲戒処分を発表した、小池百合子東京都知事=25日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「それから、全く別の課題でございますけれども、空き家問題でございます。相続空家など有効に利活用しようというためのモデル事業を開始いたします。都内には空き家が82万戸あるとされておりますが、破損などがなく長期不在などの空き家が約11万戸あるわけでございます。そして、このうちのほとんどは、長期不在などの空き家でございますけれども、半数以上は相続を契機に発生をしているということです。分かりやすく言えば、実家のお父さん、お母さんが亡くなってしまったけれども、(相続者が)どうしたらいいか分からないといって、そのままになっているというケースでございます。こういったケースに当てはまる長期不在の空き家というのが約11万戸と見られます」

 「一方で、高齢で単身の方、または高齢のご夫婦のみが居住する持ち家は都内に約80万戸ということでございまして、これは将来、相続に伴って空き家となる可能性が高いということになります」

 「こうした空き家の所有者につきましては、その空き家をどうやって活用しようかとか、管理をどうしようか、処分はどうしたらいいのか、そして誰に相談したらいいのかよく分からないといったようなご質問、そして、それにはどれぐらい費用がかかるのか分からないといったような現場の声を聞くわけでございます」

続きを読む

「ニュース」のランキング