産経ニュース

【小池知事定例会見録】豊洲問題「私の着任前の事件という位置付けではございますが、都政を預かる者としてけじめをつける。けじめでございます」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
豊洲問題「私の着任前の事件という位置付けではございますが、都政を預かる者としてけじめをつける。けじめでございます」

定例会見を行い、豊洲市場の盛り土問題に関する懲戒処分を発表した、小池百合子東京都知事=25日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見を行い、豊洲市場の盛り土問題に関する懲戒処分を発表した、小池百合子東京都知事=25日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「それから、今回の処分対象者は合計いたしますと18名でございます。その内訳は、現役の職員が12名、そして退職者が6名となっております」

 「そして、退職者は職員としての身分を既に失っておりますので、いわゆる懲戒処分の対象にはなりません。そのため、処分相当の金額の自主返納を求めていくということになります。また、既に退職いたしました市場長につきましては、局の最高責任者としての責任を重く受け止めておられ、そして監理団体の役員を退任されるということになります。今回の問題によりまして、業界の方々をはじめとする関係者の皆様方には、そしてまた都民の皆様方にも、大変なご迷惑、そしてご心配をかけております。改めてお詫びを申し上げたく存じます」

 「また、本件でございますけれども、私の着任前の事件という位置付けではございますが、現在、都政を預かる者でございます。そして、そのけじめをつけるという意味で、自ら給与を更に現在の5分の1、そしてそれを3か月間減額することといたします。けじめでございます」

 「厳正な処分を実施したことによりまして、一つの区切りをつけたいと考えておりますけれども、もちろん失った都民の信頼は大変大きいものがございます。今後再びこのようなことが起こらないように、信頼回復に向けて、私が先頭に立ちまして、職員の皆さんとともに都政の改革を進めていきたいと考えております」

続きを読む

「ニュース」のランキング