産経ニュース

【小池知事定例会見録】豊洲問題「私の着任前の事件という位置付けではございますが、都政を預かる者としてけじめをつける。けじめでございます」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
豊洲問題「私の着任前の事件という位置付けではございますが、都政を預かる者としてけじめをつける。けじめでございます」

定例会見を行い、豊洲市場の盛り土問題に関する懲戒処分を発表した、小池百合子東京都知事=25日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見を行い、豊洲市場の盛り土問題に関する懲戒処分を発表した、小池百合子東京都知事=25日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 --東京のブランドあり方検討会について。ロゴや(五輪ボランティアの)ユニホームを作り直すとなると、新たに費用に関して

 「今日は専門家の方々にお集まりいただきまして、東京が世界に対してどのような発信をしていくのか、2020年大会を目指してボランティアの方々がどのようなユニホームを着ていくのか、忌憚(きたん)のないご意見をお聞きしたところでございます」

 「私も党の広報などを担当したり、それから環境大臣のときにもクールビズの担当というか、実際に実践したわけで、大体の相場観というのは分かっております。大体、大企業の新製品を売り出すのにかかる広告費というのは1回30億ぐらいです。ということで、これまで『&TOKYO』にかけてきたお金というのは、1商品の発売に伴う広告費相当だと思います。もちろんぴんきりがございます」

 「それから、今日お話が出たのは、これを廃止するわけではないわけです。国内でそれを使ったらどうだというお話もございました。これもひとつ、案だと思います。それから、ユニホームについても、いろいろなご意見ありましたけれども、『&TOKYO』の方もいろいろな色が使われていて、それからユニホームの方もいろいろな色が使われていて、『どれが東京なの』という問題点があるというのも明らかになったわけでございます。これから投じるお金が本当にワイズスペンディングなものになるかどうかというのは、改めてもともとのコンセプトを確認して、そして最も効果のある方法を探ると、そのためのものでございますので、これまでのお金が無駄に使われるというものではございません」

続きを読む

「ニュース」のランキング