産経ニュース

【小池知事定例会見録】豊洲問題「私の着任前の事件という位置付けではございますが、都政を預かる者としてけじめをつける。けじめでございます」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
豊洲問題「私の着任前の事件という位置付けではございますが、都政を預かる者としてけじめをつける。けじめでございます」

定例会見を行い、豊洲市場の盛り土問題に関する懲戒処分を発表した、小池百合子東京都知事=25日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見を行い、豊洲市場の盛り土問題に関する懲戒処分を発表した、小池百合子東京都知事=25日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

《25日午後2時から都庁会見室で》

 【冒頭発言】

 「皆様、こんにちは。それでは、今週の記者会見を行わせていただきます。今日も幾つか大きな課題がそろっております。少々お時間を頂戴させていただきます」

 「まず、予算の季節になっているわけでございますが、私が編成いたします初の予算となります。平成29年度予算に向けまして、『都民ファースト』の視点に立ちまして、予算編成の在り方そのものを大きく見直すことといたしましたので、お知らせをいたします。具体的には、予算編成に関わりますプロセスを見直す。そして、そのプロセスそのものを情報公開するというものでございます」

 「まず、プロセスの見直しでございますが、来年度の予算では都民の皆様方の声を最大限、予算に反映していきたい。そのために、新たに都民、そして政策現場の実態に精通する各種団体の皆様方などから広く意見、ご要望を伺う機会を設けることといたしました。いわゆるヒアリングということでございますが、このヒアリングには私自身も出席をし、皆様方の率直な声を伺う。そして、積極的な意見交換を行いながら、頂いた意見を編成作業に生かしていくというものでございます。また、ヒアリングにつきましては、メディアの皆様方にもオープンで実施をさせていただきます」

続きを読む

「ニュース」のランキング