産経ニュース

【千葉女性監禁30日判決】女性生き埋め後、「今の俺、最強」「容赦なく人殺せる」 実行犯・中野翔太被告の本性(2)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【千葉女性監禁30日判決】
女性生き埋め後、「今の俺、最強」「容赦なく人殺せる」 実行犯・中野翔太被告の本性(2)

ブルーシートで隠し、女性の遺体を車両に乗せる捜査員ら=平成27年4月24日午後、千葉県芝山町(川口良介撮影) ブルーシートで隠し、女性の遺体を車両に乗せる捜査員ら=平成27年4月24日午後、千葉県芝山町(川口良介撮影)

 一方で、検察側は犯行後の同20日夕、中野被告が友人にメールで「今の俺さ、最強だよ」「ここだけの話しさ、人を容赦なく殺せるもん」「ちゃんと痛めつけてからね」と喜々として犯行を報告していたと指摘した。

 取り調べ段階で、職場でむしゃくしゃしてやったなどとも話していたことから、自ら積極的に犯行に加担していたのではと追及した。

 また、軽度の精神遅滞などがあったとされる中野被告が逮捕後、精神鑑定のために入院したが、入院中には女優の堀北真希の写真をベッドに飾ったり漫画を読んだりして過ごし、反省していなかったとも指摘。中野被告はただ「分からない」と繰り返すだけだった。

 今月30日の中野被告の判決公判に続き、少女と井出被告の公判も控える。彼らもまた、残忍な犯行を法廷で語るのだろうか。

       =おわり

このニュースの写真

  • 女性生き埋め後、「今の俺、最強」「容赦なく人殺せる」 実行犯・中野翔太被告の本性(2)

関連ニュース

【千葉女性監禁30日判決】卒アル返さないからと事件に 生き埋め女性車内で「死刑宣告」 実行犯・中野翔太被告の本性(1)

「ニュース」のランキング