産経ニュース

【千葉女性監禁30日判決】卒アル返さないからと事件に 生き埋め女性車内で「死刑宣告」 実行犯・中野翔太被告の本性(1)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【千葉女性監禁30日判決】
卒アル返さないからと事件に 生き埋め女性車内で「死刑宣告」 実行犯・中野翔太被告の本性(1)

女性の遺体が見つかった現場で鑑識作業を行う捜査員ら=平成27年4月24日午後、千葉県芝山町 (川口良介撮影) 女性の遺体が見つかった現場で鑑識作業を行う捜査員ら=平成27年4月24日午後、千葉県芝山町 (川口良介撮影)

 「殺さないで。死にたくない」。暗い穴の中に引きずり込まれ、泣きながら命乞いをする女性の上に問答無用に土砂がかけられた-。平成27年4月、千葉県芝山町で起きた女性=当時(18)=生き埋め事件。千葉地裁で行われている強盗殺人や逮捕監禁などの罪で起訴された実行犯の中野翔太被告(21)の裁判員裁判で、検察側は21日に無期懲役を求刑した。今月30日、判決が言い渡される。

 「マジやる。殺す」

 穴を事前に掘って準備する周到な計画性と、「埋めてやった」と笑いながら犯行を吹聴してみせる残虐性。人間はここまで残忍になれるのか-。

 検察側の冒頭陳述などで凄惨(せいさん)な犯行の一部始終が明らかになるにつれ、法廷内には、形容しがたい重たい空気が充満していった。

 事件が起きたのは、平成27年4月。公判での中野被告や関係者らの証言をもとに、事件を振り返ってみると、犯行を計画したのは同県船橋市に住んでいた女性の高校時代の同級生の少女(19)=強盗殺人と逮捕監禁罪で起訴=だった。

 もともと2人は友人で、一時期は女性が少女の実家で一緒に暮らすほどの仲だったという。しかし、女性が友人から借りた、仕事の身分証として必要な中学校の卒業アルバムや洋服を返さなかったことからトラブルに発展。次第に不仲となっていった。女性が音信不通になるなどしたため、少女の憎悪が膨らんでいく。

続きを読む

このニュースの写真

  • 卒アル返さないからと事件に 生き埋め女性車内で「死刑宣告」 実行犯・中野翔太被告の本性(1)

関連ニュース

【衝撃事件の核心】生き埋め被害女性は正座したまま上半身あおむけにのけぞらせていた…友人を惨殺した18歳少女たちの“冷酷すぎる世界”

「ニュース」のランキング