産経ニュース

【NEWご当地グルメ】スタミナラーメン+カレー 茨城・ひたちなか市の町工場「幸福の黄色いスタミナ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【NEWご当地グルメ】
スタミナラーメン+カレー 茨城・ひたちなか市の町工場「幸福の黄色いスタミナ」

ひたちなか市の新ご当地ラーメン「幸福の黄色いスタミナ」を手に笑顔を見せる「中華 大進」の店主、川崎正悟さん=ひたちなか市勝田中央(丸山将撮影) ひたちなか市の新ご当地ラーメン「幸福の黄色いスタミナ」を手に笑顔を見せる「中華 大進」の店主、川崎正悟さん=ひたちなか市勝田中央(丸山将撮影)

 同商工会議所は約1年前に、同市内の飲食店経営者などで作る同市勝田三業組合と連携してこの企画をスタートさせた。その際、重視したのは「ストーリー性」だった。

 勝田地区には昭和20~30年代にかけて、工場が続々と誕生。同地区のものづくり企業は40年代に黄金期を迎えた。そこで働く社員の活力源の一つとなったのが、昭和50年代に誕生した、甘辛いあんを太麺にかけた「スタミナラーメン」だ。同時に、工場内の食堂では、栄養が豊富で手軽に調理できるカレーライスが人気だった。

 カレー風味のスタミナラーメンを新ご当地ラーメンにしたのは、そんな歴史を踏まえてのことだ。

 実際に開発を担当したのは、同組合に所属するラーメン店店主らで作った「新ご当地ラーメン研究会」。同研究会の会長で人気ラーメン店「大進」(同市元町)店主、川崎正悟さん(68)は「カレーの味を生かしながら、ラーメンとしておいしく仕上げるのが大変だった」と語る。

 食材には、ニンジンやニラのほか、同市産味付けダコを、薄く切ってチャーシュー代わりに使い、オレンジ色の濃厚な卵黄が特徴の同市特産の「オレンジ玉子」をトッピング。カレーのだしには、常陸牛のすじ肉を使用している。

続きを読む

このニュースの写真

  • スタミナラーメン+カレー 茨城・ひたちなか市の町工場「幸福の黄色いスタミナ」
  • スタミナラーメン+カレー 茨城・ひたちなか市の町工場「幸福の黄色いスタミナ」
  • スタミナラーメン+カレー 茨城・ひたちなか市の町工場「幸福の黄色いスタミナ」
  • スタミナラーメン+カレー 茨城・ひたちなか市の町工場「幸福の黄色いスタミナ」
  • スタミナラーメン+カレー 茨城・ひたちなか市の町工場「幸福の黄色いスタミナ」

関連ニュース

【経済インサイド】回転ずしで「シメ」の一品戦争が始まった…カレー、ラーメンなど続々と 客単アップで業績もウハウハ

「ニュース」のランキング