産経ニュース

【小池知事定例会見録】舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=18日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=18日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「これらが、費用がかかるということは、では、市場としての持続可能性は一体どうなのだと、市場会計そのものはどうなのかという、より大きな課題がございますけれども、これについては市場問題PTにおいて、市場制度そのものの持続可能性とこれらのことについては、経営的、経済的、物流的、そういった観点から分析をしていくことになろうと思います」

 「そして、関連いたしまして、次でございますけれども、環状2号線の話であります。この環状2号線ですけれども、築地市場を移転する場合は、東京大会は、地上部道路で対応することとなります。つまり、地下を通る環状2号線ということを考えていたわけでございますけれども、先ほどお示しいたしましたような日程にいたしますと、地下を掘って進めるというのは、物理的に間に合わないだろうと。より現実的な形で地上の道路を作っていくということで円滑な大会の運営を確保する、通行を確保するということでございます」

 「そして、それにつきましては、車道の広さ等々も考えますと、十分それによって交通が円滑にできるとは思いますけれども、それに加えて、ソフト対策を検討するように関係各局に指示をしてまいります。ソフトの対策というのは、例えば信号機の連動であるとか、そういった形でもって、より円滑な通行を確保するということでございます。環2本線のトンネルも並行して整備をいたしまして、東京2020大会後、早期にこちらの方は完成をさせていくということになります」

 「それから、改めてなのですが、これはもう確認のために皆様方にお伝えをしておいた方がいいと考えているものです。豊洲に関して、風評被害ということも正直あるわけでございまして、そもそもそれはなぜ起こっているかということについては、あの建物地下の滞留水、地下の空間があって、そしてそこに水がたまっているということがビジュアル的にも、また数値的にもさまざまな不安を呼んでいるということだと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」
  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」
  • 舛添前知事時代のユニホームデザイン「躊躇なく変えたいと思います」

「ニュース」のランキング