産経ニュース

【小池知事定例会見録】「世界標準とかけ離れた慣行が世界の金融機関を海外へ追いやった」クリントン氏敗北「残念ながら女性の間で共感を生まなかった」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「世界標準とかけ離れた慣行が世界の金融機関を海外へ追いやった」クリントン氏敗北「残念ながら女性の間で共感を生まなかった」

 《11日午後2時から都庁会見室で》

 【冒頭発言】

 「皆様、こんにちは。それでは、定例の知事記者会見を行います。今日は、東京都の方から、まず3点にわたってご報告をさせていただきます」

 「まず『国際金融都市・東京』の実現に向けました検討体制を作ることといたしました。これは、東京がアジア・ナンバーワンの国際金融都市の地位を取り戻すということで、『スマート シティ』の柱の1つに置いた、環境と金融ということで2つ置いてありますけれども、主な部分として、そのうちの1つでございます」

 「金融産業の振興というのは、ロンドン・ニューヨークを見ましても、都市の魅力、そしてまた競争力を維持する上でも大変重要な機能でございます。また、安倍政権の成長戦略の中では、『GDP600兆円を2020年頃に達成する』という項目がございますが、それを引っ張っていくのは首都東京ではないかと、このように思います」

 「ちなみに、日本の金融業の対GDP(国内総生産)比でありますけれども、僅か5%程度にとどまっております。これを(GDPの12%が金融業による収入という)英国並みに倍増することができましたら、つまり今の5%を倍の10%にした場合には、これは計算上、GDPの約30兆円押し上げという効果が生まれてくるというものでございます。物を売ったりするのと違って目に見えないものでありますけれども、これは首都東京といたしまして、また日本の経済のエンジンとしての役割とすれば、この部分はとても大きい」

続きを読む

「ニュース」のランキング