産経ニュース

【小池知事定例会見録】「わずか100日だが、10年分のエネルギー使った」 今後も「アクセルふかす、CO2はあまり出さないように」 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「わずか100日だが、10年分のエネルギー使った」 今後も「アクセルふかす、CO2はあまり出さないように」 

定例会見にのぞむ小池百合子都知事=4日、都庁(荻窪佳撮影) 定例会見にのぞむ小池百合子都知事=4日、都庁(荻窪佳撮影)

 「次に、突然、話変わりまして、認知症のお話でございます。都内で2か所目となります『若年性認知症総合支援センター』を多摩地域に開設をするというお知らせでございます。若年性の認知症といいますのは、65歳未満が対象になるかと思います。働き盛りの世代であり、そのときからもう発症してしまうということは、すなわちご本人は当然でありますけれども、ご家族にとりましても大変な大きな事態でございます。医療、介護に関わることだけでなくて、仕事が続けられないとか、それによって経済的な不安を抱えるなどといった、多岐にわたる生活上の課題を抱えることになるわけでございます」

 「そして、若年性認知症総合支援センターでございますけれども、様々な相談、それから専門のコーディネーターがワンストップで受け付けをするというところでございまして、電話相談、面接、そして訪問、このような支援、それから、地域の関係機関との連携などによりまして、それぞれの状況に応じた個別の支援を実施することとなります」

続きを読む

「ニュース」のランキング