産経ニュース

【鳥取・平井知事講演録(上)】ネットで話題呼んだ「スタバはないがスナバはある」発言 鳥取地震前日の講演内容を紹介します

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【鳥取・平井知事講演録(上)】
ネットで話題呼んだ「スタバはないがスナバはある」発言 鳥取地震前日の講演内容を紹介します

スライドショーで鳥取県の政策について説明する鳥取県の平井伸治知事=20日、東京都千代田区の日本記者クラブ(撮影者:高原大観) スライドショーで鳥取県の政策について説明する鳥取県の平井伸治知事=20日、東京都千代田区の日本記者クラブ(撮影者:高原大観)

 《前東京都知事の舛添要一氏らがロンドンやパリへ出張した際の海外出張費の最高額は6976万円、随行員は19人であったのに対し、鳥取県知事の平井伸治氏は180万円、随行員は0人で、話題になった》

 「秘書もつれずにあちこち出張してまわるというのも珍しがられて話題にされたこともあります。その後さらに規定を厳格化して、近距離はエコノミークラスを使うと。例えばロシアの極東地方とか。議会とも協調してやっています。普通の暮らしをしているものとしてやっていくべきということです。また予算編成も大変超過勤務が多いところです」

 「考えてみると意思決定は予算書ひとつなんですよね。例えば課長査定、部長査定、知事査定とあったり。国の役所なら主計官だとか主査だとか、あるいは局長やら大臣やらといろんな折衝があります。そのたびに作っては壊しをして毎回大変な作業するわけですね。ばかばかしいです。ですから鳥取県では年内は政策関係の経費は積むなと。予算編成するなと。その間はどういう事業を来年やろうか、大いに議論しようと。で、1月から号砲鳴らしまして予算編成しようと。で、それは知事1回で終わると。これだけで相当超過勤務は減るんですね」

続きを読む

このニュースの写真

  • ネットで話題呼んだ「スタバはないがスナバはある」発言 鳥取地震前日の講演内容を紹介します

関連ニュース

【鳥取・平井知事講演録(下)】米子鬼太郎空港開港の日、原作者の水木しげるさんが取材陣にまさかの発言 鳥取地震前日の講演内容を紹介します

「ニュース」のランキング