産経ニュース

【至誠の人 揖取素彦物語(64)】中村紀雄 「県庁はぜひ前橋に」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【至誠の人 揖取素彦物語(64)】
中村紀雄 「県庁はぜひ前橋に」

 善太郎は続けた。

 「築城にかかる莫大(ばくだい)な資金は前橋町の生糸商人が拠出しました。築城後、藩主は製糸業に殊の外、力を入れました。日本で最初の器械製糸場を設け、マエバシ生糸の質と量の確保につとめました。しかし、その後、廃藩置県となり、せっかくの新城と共に前橋藩の政策は生かされておりません。お願いです。この前橋城を県庁舎に使って、前橋の糸商人の熱意を生かしていただけませんか」

 楫取は善太郎を正視して大きく頷(うなず)いた。

続きを読む

「ニュース」のランキング