産経ニュース

【検証・文革半世紀 第4部(4)】林彪の再評価を避ける歴代政権 民間では人気回復、増える像

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀 第4部(4)】
林彪の再評価を避ける歴代政権 民間では人気回復、増える像

 文化大革命(文革)中の1971年9月13日。中国共産党最高指導部で毛沢東に次ぐ序列2位だった党副主席の林彪(りんぴょう)が、妻や長男のほか側近数人と飛行機でソ連への逃亡を図り、モンゴル人民共和国内で墜落死した。いわゆる林彪事件だ。

 それから40年後の2011年9月、娘婿の張清林と元部下の子弟ら7人がモンゴルの墜落現場を訪れ、ささやかな追悼式を行った。遺族による追悼はこれが初めてだったという。

 「敬愛するお父さん、お母さん。あなた方は世にも不思議なぬれぎぬを着せられた」。張清林は泣きながら弔辞を読み上げた。

 林彪の逃亡直後、周恩来にその事実を密告したとされる娘、林豆豆も参列を希望したが、当局から出国を認められなかったという。

 張はその後、林彪らの遺骨を故郷の湖北省に移して墓に入れたいとの意向を表明し、大きな話題となった。しかし、政治的な影響などを考慮した当局が難色を示したといい、いまも実現していない。

続きを読む

関連ニュース

【検証・文革半世紀 第3部(6)】青春捧げた農村、2000万人辛酸 安い年金、都会で暮らせず

「ニュース」のランキング