産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「昨年は『魔法使いユリー』。明日からお楽しみにしていただきたい」 今年もハロウィーンコスプレ宣言?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「昨年は『魔法使いユリー』。明日からお楽しみにしていただきたい」 今年もハロウィーンコスプレ宣言?

 --知事は、今日この後、都政改革本部の上山(信一)教授と慶應大学でオリンピックの会場見直し問題について大学生にヒアリングすると聞いたが、この日程は明らかにされていない

 「知らされていないのですか。そうなのですか。どうぞいらしてください」

 --実際に伺ってもよろしいのですか。

 「ちょっと後で尋ねてください」

 --都知事選で小池知事を応援した7人の区議と自民党の二階幹事長が会って仲裁に入ろうとしたところ、7人の方から会談を断ってきたという話がある。この判断の背景に小池知事の存在があるのではないかという見方もある

 「いや、それについては聞いておりませんが、さっき、二階先生が会議中だったので林先生の方にもお伝えしたのですけれど、何か慰労してくださるという話で、お食事をとかという、そんな、地元の区議の皆さんの、わざわざ大幹事長にご慰労いただくなんて、めっそうもないからと言って、そして私の方からお詫びをしておきました。二階先生は別の考えだったのかもしれませんけれども、そこまでご面倒かけて申し訳ないなと思っています」

 --世界経済フォーラム(WEF)が発表しました各国の男女格差を比較した今年の順位で、日本は世界144か国中111位となりまして、G7の中で最下位、前年の101位から大きく順位を下げた。東京都での要職での女性比率の向上についてどうお考えか。

また「希望の塾」の女性比率は?

 「ありがとうございます。今朝ほども、ダイバーシティの方針をどうしていくかということで、都の幹部と議論もしたところでありますが、私の方から、WEFのランキングが、こともあろうに下がったと、101位から111位に下がったということを紹介したところであります。今、日本では、ワンワンといろいろ女性を取り巻く環境、子育てであるとか、介護の話もそうでありますけれども、それから管理職の比率とか、いろいろ出されますけれども、でも、結果として下がっているわけです」

 「これは何かというと、一言で言うと、日本以上にほかの国が頑張っているという話で、日本のスピードでやっていたら間に合わないということで、これはまた下がりかねないと。それから、このランキングを出すに当たって、それぞれ指標がございますけれども、日本にとってあまり得意なところがピックアップされて、得意なことというか、一番得意なところは、日本の寿命が女性、特に世界一というのは一番なのですけれども、それ以外のところは、管理職比率、それから女性閣僚の比率、それから議会の比率、衆議院はこれまで9.5%だったのですが、私がまたポイントを下げたと思います。衆議院をやめてしまいましたので、9.何%とか、私にも責任があるのでしょうか。そういうことで、非常に日本の場合、本当に、ほかの国の努力を下回っているという客観的な事実があると思います」

 「お尋ねの『希望の塾』でありますけれども、本当に多くの女性の方々が手を挙げてこられています。そして、いろいろな履歴などを見ますと、お子様を抱えておられる方々もおられるということで、託児所も今回用意をさせていただきました。そうやって女性が政治により興味を持つということは、日本の政治の質を大きく変えることになるでありましょうし、それから、これまでの女性政策が、文言による女性、書いてある女性政策から生きた女性政策になるためには、やはり女性が声を上げるということが必要になるかと思います。これからいろいろな課題の中に、どうすれば女性の声がもっと政治に届けられるかといったような、そんな工夫も、またそういったことについても学べるようにしていきたいと、こう考えております」

 --比率などは、まだ出ていないのか

 「多分4割近いと思います」

 --そうすると、通常の政治塾よりかなり…

 「そうですね。多分、ほかの政治塾がどういうパーセンテージか分かりませんけれども、私は、ずっと拝見していて、とても女性が、比率が高いなと思いました」

続きを読む

「ニュース」のランキング