産経ニュース

【電通女性社員自殺】時代は「特捜部」から「かとく」へ 過重労働撲滅 東大卒美女失い「鉄槌」へ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【電通女性社員自殺】
時代は「特捜部」から「かとく」へ 過重労働撲滅 東大卒美女失い「鉄槌」へ

 東大卒の新入社員、高橋まつりさん=当時(24)=を自殺に追い込んだ広告大手代理店の電通に、厚生労働省の「過重労働撲滅特別対策班」(通称・かとく)が立ち入り調査を断行した。かとくは、いわゆる「ブラック企業」対策として設けられた特別なチーム。長時間労働が美徳だった時代は既に終わった。かとくの狙いは、是正勧告を受けても改善しなかった電通に“鉄槌(てっつい)”を食らわせるとともに、この問題を契機に「長時間労働は犯罪だ」という認識を広めることだ。

目を光らせる7人の精鋭

 黄色い腕章を付けたスーツ姿の男女が、電通本社ビル(東京都港区)にさっそうと乗り込んでいった。14日、昨年12月の高橋さんの自殺を受けて、長時間労働が常態化しているとみた厚労省は、電通にかとくを送り込んだ。

 かつては東京地検特捜部による家宅捜索が新聞やテレビなどで大きく取り上げられたが、最近は検察も元気がない。

 かとくは従業員を酷使する悪質な「ブラック企業」が問題となっていた昨年4月に創設された。東京労働局と大阪労働局に置かれており、東京では監督課長をトップに7人のベテラン労働基準監督官がメンバーに任命されている。そのほか地方の労働局には「過重労働特別監督監理官」が各1人、計47人おり、連携して調査に当たっている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 時代は「特捜部」から「かとく」へ 過重労働撲滅 東大卒美女失い「鉄槌」へ

「ニュース」のランキング