産経ニュース

【至誠の人 揖取素彦物語(63)】中村紀雄 博徒上がりの大商人

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【至誠の人 揖取素彦物語(63)】
中村紀雄 博徒上がりの大商人

 「少年のころ、博打(ばくち)にのめり込みましてな、大親分、大前田英五郎の一家に加わったそうです」

 「ほほう、あの有名な大前田の親分ですか」

 「英五郎は少年の才気とまっすぐな性格に注目して賭博をやめるよう懇々と諭したそうです。善太郎少年は親分の心意気に大いに感激いたし、正業に打ち込むようになりました。私は下村善太郎さんから直接聞いたことですが、天下の大親分が対等に口をきいてくれたことに感激いたし、大変魅力ある人柄に引き込まれた、この親分の期待に応えられないようでは俺は男ではねえと心底思った、こう申しておりました」

 「ほほう、久しぶりに聞く面白い話だ。して、その後、いかにして巨万の富を得たのであろうか」

続きを読む

「ニュース」のランキング