産経ニュース

【高論卓説】小資源国だからこそ核燃料サイクルは不可欠だ! 再処理燃料も使う場所なければ、たまるばかり

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【高論卓説】
小資源国だからこそ核燃料サイクルは不可欠だ! 再処理燃料も使う場所なければ、たまるばかり

廃炉を含めた抜本的な見直し方針の決まった高速増殖炉原型炉「もんじゅ」=福井県敦賀市 廃炉を含めた抜本的な見直し方針の決まった高速増殖炉原型炉「もんじゅ」=福井県敦賀市

 「原子燃料サイクル施設」は、国際原子力機関(IAEA)の査察官も常駐し、再処理工場は24時間監視が行われている。また日米原子力協定により、プルトニウムの単独保管は禁止され、ウランと混合で保管することが義務付けられている。厳しい制約のようだが、実は、核保有国以外で、再処理が認められているのは日本だけであり、この意味は非常に重要だ。核保有国ではない日本が、日米原子力協定を結び、IAEAの24時間の監視を受けながらも、原子力政策を進めてきたことは、電力の安定供給と、さらには国家の安全保障という目的から、非常に重要な意味があるということだ。世界の原子力政策は、資源の有無や地理的要因によって判断されている。日本も、日本の諸事情に合わせ判断するならば、原子力政策を止めず、新しい技術の活用も合わせ、積極的に進めることこそが必要である。(細川珠生)

                ◇

ほそかわ・たまお 元東京都品川区教育委員。ラジオや雑誌でも活躍。父親は政治評論家の故細川隆一郎氏。千葉工業大理事。 

このニュースの写真

  • 小資源国だからこそ核燃料サイクルは不可欠だ! 再処理燃料も使う場所なければ、たまるばかり

関連ニュース

【高論卓説】日銀がゾンビ企業を買い支える? ETF買いは日本版スチュワードシップ・コードに抵触、株式市場を破壊しかねない

「ニュース」のランキング