産経ニュース

【水内茂幸の野党ウオッチ】蓮舫代表が共産党の軍門に下った!! 制止振り切ってまで向かった新潟知事選応援、「民共連携」加速か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【水内茂幸の野党ウオッチ】
蓮舫代表が共産党の軍門に下った!! 制止振り切ってまで向かった新潟知事選応援、「民共連携」加速か

新潟県知事選で急遽、米山隆一氏の応援演説に立った民進党の蓮舫代表=10月14日午後、新潟市 新潟県知事選で急遽、米山隆一氏の応援演説に立った民進党の蓮舫代表=10月14日午後、新潟市

 さらに志位氏は「選挙戦で(自主的に)応援に来た民進党の国会議員の訴えを聞くと『再稼働絶対反対』という発言も随分きかれた」とも指摘。次期衆院選で選挙協力するにあたり、「この問題でも民進党と政策的な前向きの一致を得たい」との考えまで示した。

 蓮舫氏の方針転換に、面目をつぶされたのが連合だ。関係者は「単に勝てそうだからと新潟に入られては、蓮舫氏の何を信じたらいいのかわからない」と憤る。野田氏は17日の記者会見で党の原発政策に変わりがないことを強調したが、一度失った信頼は簡単に取り戻せそうもない。

 蓮舫氏は17日、記者団に知事選の感想を問われ「(米山氏は)野党3党の強力な支援で活動しており、私どもは自主投票で組織論は変わらない。このことをもって、すぐ『野党連携で次の総選挙』とはならない」と冷静さを装った。しかし、共産票の圧倒的な威力が示されたことで、党内では、「共産票なしにはとても巨大与党に戦えない」(中堅)などと、次期衆院選での民共連携を当然視するような気運が広がっている。

 新潟では7月の参院選でも野党統一候補が与党系候補に約2300票差で競り勝った。今回は民進党が自主投票で、共産党が前面に出た戦いながら、与党系候補との票差は6万票まで拡大。他の野党からは、「民進党は県民の世論を読み誤った」(社民党の又市征治幹事長)「政権を取る気がないなら解散した方がいい」(自由党の小沢一郎代表)と自主投票の判断をバカにされる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 蓮舫代表が共産党の軍門に下った!! 制止振り切ってまで向かった新潟知事選応援、「民共連携」加速か

関連ニュース

【山本雄史の野党ウオッチ】小池百合子東京都知事へのリスペクトを隠そうとしない蓮舫代表だが… 新党ができれば、困るのは民進党のはず

「ニュース」のランキング