産経ニュース

【ビジネス解読】現代(ヒュンダイ)自動車労組が12年ぶり全面スト突入! 「労働貴族」が韓国経済を蝕んでいる 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
現代(ヒュンダイ)自動車労組が12年ぶり全面スト突入! 「労働貴族」が韓国経済を蝕んでいる 

労使の賃金交渉で揺れる現代自動車のショールーム(AP) 労使の賃金交渉で揺れる現代自動車のショールーム(AP)

 現代自動車のストライキが、韓国経済に悪影響を及ぼしている。現代自の労働組合にとっては“恒例行事”だが、今年は工場の生産ラインを止める「全面スト」を12年ぶりに実施するなど、経営側との交渉がこじれにこじれ、今月12日に2度目の暫定合意に至った。韓国経済は、下請けメーカーに業績悪化の懸念があるほか、今年1~8月の韓国内の自動車輸出がメキシコに抜かれて世界4位になるなどの打撃を受けた。それでも、“自分さえ良ければ”と馬耳東風の現代自労組は、政府高官や中小企業団体から総スカンを食らっている。

 現代自労組は9月26日、全組合員が勤務せず部署ごとに決起集会を開き、国内3工場の生産ラインを全面停止した。

 現代自労組のストは毎年のように行われている。しかし今年の場合、労使交渉で暫定合意したものの、合意案が労組内で受け入れられなかったとしてストが行われたのだ。経営側は「労使間の信義誠実の原則に反する」とコメントするなど対立が深まった。中央日報日本語版によると、ユン・カプハン現代自社長は、2008年のリーマン・ショック前後の米GMやクライスラー、トヨタ自動車の賃金が凍結されていた事例を挙げ、「現代自は2007年から現代まで賃金を50%も上げた。会社の未来のためにストを自制してほしい」と訴えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 現代(ヒュンダイ)自動車労組が12年ぶり全面スト突入! 「労働貴族」が韓国経済を蝕んでいる 

「ニュース」のランキング