産経ニュース

【小池知事定例会見録】夜8時退庁スタート「目の前の仕事だけをヘトヘトになってやっていると、ついていけない人間になって取り残される」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
夜8時退庁スタート「目の前の仕事だけをヘトヘトになってやっていると、ついていけない人間になって取り残される」

 「それについては調査してみなければ分かりませんが、データ改竄というのはあるまじきことだと思います。そしてまた、誤記ということで済まされる場合と済まされない場合がありますので、それもしっかりと調査を続けてまいりたいと考えております。では、ラストで」

 --石原元知事への質問状ではどんな質問をしたのか

 「それは石原元知事ご自身がどこまでご存じで、どこまでご存じと同じになるけれども、理解しておられたのかどうかということに尽きると思います」

 「それと、それを交渉能力のある副知事に託したとしても、そこはやはり知事の責任ということが問われてくると思いますので、それに対してどう考えておられるかなど、お聞きしたところでございます」

 --8時退庁の取り組みがスタートしますが、職員から午後8時に帰るのは難しそうだという声を聞くことが多い。実現への課題は

 「私は、8時どころか6時にしようと言ったのですけど、それは無理だと言われました。最初は10時だったのです、都側の提案というのが。それでは改善には全くならないので、6時か8時かということで、現実を考えて8時(にした)」

 「だけど、こんなに働いていて、生産性が低くて、みんなヘトヘトになって。早く帰れたらもっと喜ぶべきだと思います。11時を10時に変えても、何の改善にもならないのです。そこはびっくり感がないとだめなのです。だから、本当は6時に私はやりたかった」

 「それによって、テレワーク。テレワークは、それは仕事を持って家に帰るだけになってしまったらあまり意味がないのかもしれません。それから、仕事の方法です。そこのそもそも論から変えていかないと、こんな長時間労働をして、みんな文句を言わなくてというのは、私はもうよく分からないのです、そこの辺が。だから、もう一度、人生見直した方がいいのではないかと」

続きを読む

「ニュース」のランキング