産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!

 「親北」のDNA

 「瀋陽軍区」が北朝鮮と、北京を半ば無視してよしみを通じる背景には出自がある。中国は朝鮮戦争勃発を受けて“義勇軍”を送ったが、実体は人民解放軍所属の第四野戦軍。当時、人民解放軍最強の第四野戦軍こそ瀋陽軍区の前身で、朝鮮族らが中心となって編成された「外人部隊」だった。瀋陽軍区の管轄域には延辺朝鮮族自治州も含まれ、軍区全体では最大180万人もの朝鮮族が居住する。いわば、「瀋陽軍区」と北朝鮮の朝鮮人民軍は「血の盟友」として今に至る。金正日総書記(1941~2011年)も2009年以降、11回も瀋陽軍区を訪れた。

 実際、朝鮮半島有事になれば、北支援に向け「瀋陽軍区」の戦力が鴨緑江を渡河し半島になだれ込む。従って、各種演習も半島全域を想定する。とりわけ、第39集団軍は、人民解放軍最精強の「瀋陽軍区」でも最強とうたわれ、機械化に伴う展開速度は侮れない。38度線付近の非武装地帯で2015年、北朝鮮の朝鮮人民軍が仕掛けた地雷で韓国陸軍の下士官2人が大けがを負い、南北間に緊張が走るや、瀋陽軍区の戦車を主力とする部隊が中朝国境に急派されている。

 7大軍区は5個の戦区に統廃合されたが、注目は北京の頭越しに「対北独自外交」を繰り広げる瀋陽軍区を北京軍区に吸収合併できるかだった。布石として、瀋陽軍区勤務が豊富で、軍区に強く影響を及ぼす軍区内外の反習近平系軍高官粛清を断行。全軍統率機関=中央軍事委員会副主席、徐才厚・上(大)将(1943~2015年)の汚職など規律違反での逮捕は、いかにも象徴的だ。半面、北京軍区司令官に習氏と近い上将を抜擢(ばってき)するなど着々と布石を打ってはいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!

「ニュース」のランキング