産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!

 北朝鮮の核ミサイルはワシントンや東京を狙っているとは限らない。北京も含めるべきではないか。一方で、小欄の目には北朝鮮と中国の国境が映らなくなっている。「対立する北朝鮮と中国」「中朝一体化」という一見矛盾する情勢のナゾ解きが、今次小欄のテーマ。ナゾ解きは衝撃的な結末を迎える。 

 旧満州東部からロシア沿海州南西部、つまり朝鮮半島に接する中国側は李氏朝鮮時代(1392~1910年)以降、多数の朝鮮人が移住した。深い森林でおおわれ、朝鮮総督府の支配も届かず、無頼の朝鮮人や支那人の匪賊・馬賊の格好の根拠地となった。越境して朝鮮半島北部(現・北朝鮮)の町村を襲撃、無辜の朝鮮人らへの略奪・殺戮を繰り返した。絵に描いたごとき無法地帯であったのだが、「無法地帯」は現在も変わりがない。ただし、支那人の匪賊・馬賊は中国人民解放軍になり、北朝鮮襲撃ではなく、逆に武器・エネルギー・食糧・生活必需品を密輸し、支援している。国連や日米韓などが北朝鮮に経済制裁を科している状況をよそに、密輸とは不届き千万だが、中国人民解放軍が制裁の動機である北朝鮮の核・ミサイル開発まで支援しているという観測が、安全保障関係者の間で流れている。現下の厳しい制裁にもかかわらず、なぜ北朝鮮が経済力を保ち、核・ミサイル開発の技術的向上を続けられるのか? なぜ金正恩指導部が強気の姿勢を転換しないのか? この観測で説明できる。

 「朝鮮半島の非核化」を進めたい旨を公言する習近平・国家主席はウソつきということになるが、ウソをつかせる複数の要因が存在する。例えば、そもそも人民解放軍は、軍中央の支配が届きにくい半ば独立した軍閥。従って、習主席に逆らってでも北朝鮮を支援したい軍閥と、習主席に忠誠を誓う軍閥に大別される。背景には利権と政争が薄汚く絡み合う。北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するには、北を支援する中国人民解放軍を習近平派の人民解放軍が掃討しなければ、決着がつかぬやもしれない。中国国内で、内戦が始まるのだろうか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
  • 反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!

「ニュース」のランキング