産経ニュース

【北海道が危ない 第3部(上)】小樽を見下ろす中国系の“要塞”は高台の元国有地 米軍の重要港が丸見えだった

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【北海道が危ない 第3部(上)】
小樽を見下ろす中国系の“要塞”は高台の元国有地 米軍の重要港が丸見えだった

買収された元国有地。高台は森林と崖に囲まれ一見、”要塞”のようだ。右側の建物がレストラン。 買収された元国有地。高台は森林と崖に囲まれ一見、”要塞”のようだ。右側の建物がレストラン。

 JR函館線小樽築港駅にほど近い高台にある「平磯公園」は小樽市内でも観光名所の一つだ。標高約70メートルの公園からは、小樽港や小樽市の中心街が一望でき、「重要眺望地点」にも指定されている。

 この平磯公園から1段下がった高台に6月上旬、日本料理専門のレストランがオープンした。高台は、草木に覆われた高さ3メートルほどの土砂の壁を背に、3方を崖と森林に囲まれ、外から様子を知ることはできない。崖の一部は城壁のように石垣が組まれ“要塞”のように見える。

 レストラン入り口のインターホンを押したが、故障しているようで反応がない。屋根には防犯カメラが不気味に見据えている。裏庭にまわると、バーベキュー用の施設があり、その先は急勾配の傾斜地で眼下に小樽湾が広がっていた。

 ×   × 

 登記簿によると、一帯はもともとは国有地だったが、平成20年1月に札幌市内の不動産会社に移転登記されている。その後、別の不動産会社(札幌市)を経由して、今年3月25日、農産物の生産、販売業などを行う札幌市内の中国系企業が購入している。敷地面積は約3831平方メートルで、建物は約292平方メートル。レストランは、この中国系企業が開業、運営していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 小樽を見下ろす中国系の“要塞”は高台の元国有地 米軍の重要港が丸見えだった

「ニュース」のランキング