産経ニュース

【防衛最前線(90)】あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【防衛最前線(90)】
あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」

対人狙撃銃を構える陸上自衛隊員(陸自提供) 対人狙撃銃を構える陸上自衛隊員(陸自提供)

 「ゴルゴ13」、「アメリカン・スナイパー」、「スターリングラード」…。卓抜した技量で存在感を示す狙撃手(スナイパー)は、数々の名作漫画や名画で主役を務めてきた。陸上自衛隊にもスナイパーはいる。その手に握るのは、平成14年度から調達が始まった「対人狙撃銃」だ。

 射程約800メートルの手動(ボルトアクション)式で口径7・62ミリ、全長約1092ミリ。対人狙撃銃が導入されるまでは、64式7・62ミリ小銃に照準眼鏡(スコープ)を取り付けて使用していたが、各国の狙撃銃と比べて射程や命中精度が劣っていた。

 陸自の狙撃手は指揮官を守ることで指揮命令系統の乱れを避けることを主任務としている。ただ、陸自は「指揮官防護だけに専従するわけではない」と説明する。

 有事の際は敵国の特殊部隊が日本国内に入り込み、自衛隊部隊や国民生活の混乱を引き起こす危険を想定しなければならない。北朝鮮は韓国など周辺諸国に挑発行為を続けており、日本にも特殊部隊を送り込んでくる事態が発生することも否定できない。「急速にゲリラ攻撃への対処装備の必要が出てきた」(陸自関係者)というわけだ。

 このため、64式から89式への更新が進んだことを受け、米軍も使用する米レミントン社製M24への切り替えを決めた。肩当て部は可変式で、狙撃手の体形に合わせることが可能。夜間でも敵を識別して射撃するための暗視装置も備え付けるほか、対人狙撃銃と同時に携帯偽装網(ギリースーツ)も導入した。葉っぱを模したギリースーツを着込むことで、敵から発見されない中での隠密活動を行いやすくする。

続きを読む

このニュースの写真

  • あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」
  • あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」
  • あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」
  • あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」
  • あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」
  • あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」

「ニュース」のランキング