産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「そして、今回の調査、職員自らの手で行ったこと自体については、私は一定の評価をいたしますけれども、しかしながら、これが十分かというと十分ではありません。そして、また、市場の担当の部門だけで完結しているようなところがございますけれども、しかし、いろいろなこれまで関係しておられた方々等々、もっとヒアリングも重ねていかなければならないと思いますが、そういう個人の問題と、それから組織としての問題と、さらに深掘りをすることによって、東京大改革という私が掲げている大きなテーマというのが一歩でも前に進むのではないかと、このように思っております」

 「よって、今回、この報告書をもって終わりとするというのではなく、さらに、特にシステム的な問題を精査していくということからも、昨日、都政改革本部の方で情報公開調査チームの検討状況のところでお知らせをいたしたのですけれども、情報公開調査チームがこれから公益通報制度を設けるということを、今、準備をしている、その旨、ご報告をさせていただきました」

 「公益通報というのは、職務遂行上の法令違反行為を通報する制度、ホイッスルブロワーという言葉があります。笛を吹くということでありまして、一種の内部告発であります。一種のというか、そのものでありますけれども。これのシステムを現在、整えているところでございます。匿名、実名、どちらもオーケーという形で、そしてまた、その通報の仕方については、今、形というか、受け皿を整えているところでございまして、弁護士事務所になる予定でございます。また整い次第、ご報告することになるかと思います」

続きを読む

「ニュース」のランキング