産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「また、事実と異なる答弁をしていながらも、組織の誰からも、『あれ、おかしいな』という、いわゆるヒヤリハットとか、『あれ、おかしい』と誰もがそれに対して異論を唱えなかったということでございます」

 「一言で言えば、今回の事態を招いた最も大きな要因というのは、ガバナンス(統治)、責任感の欠如ということになります。加えまして、先ほど申し上げました、前の答弁をそのままコピーするといったような点、それからチェックが不足している点、さらには意思決定プロセスが不備であると、それから上司と部下の間、土木と建築の担当、そして、あるいは技術職と事務職といった職種間での連携の不足、そういった点が挙げられると思います」

 「ひとり個人の問題もありますでしょうが、一言で言えば組織運営上のシステムの問題ということもございますが、だからこそ、むしろ問題なのだと私は思っています。だからこそ、都政大改革なのだと思っております。『都庁は伏魔殿でしてね』と評論家のように言っているわけにはいきません。ですから、ここはしっかりと改革を進めていって、このような事態が起こらないように何をするかという意味で、今日のここでご報告させていただきましたこの検証については、まずは自ら、何がどうなっていたのだということを検証した、その報告書ということでございます」

続きを読む

「ニュース」のランキング