産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「第5段階でありますけれども、実施設計完了の時点となりまして、高さ寸法が明記された地下空間が建物下全体にわたって示されておりまして、この時点をもって、建物の下に盛り土がないことを最終的に確定したと判断されるわけでございます」

 「つまり、基本設計から実施設計に向けた、この一連の流れの中で、地下空間を設けるということ、そして盛り土をしないということが段階的に固まっていったということが考えられまして、ここが問題なのですが、『いつ、誰が』という点についてはピンポイントということで指し示すのはなかなか難しい。逆に言えば、それぞれの段階で、何か流れの中で、空気の中で進んでいったということで、それぞれの段階において責務が生じるものと考えております」

 「次に、2点目の、『なぜ、都議会、都民等への説明責任を果たしてこなかったのか』という点でございますけれども、都議会への答弁で、『全体に盛り土』と表明してきたことの原因については、組織運営上の問題に行き着くと言わざるを得ません。具体的には、土壌汚染対策を担当する土木のセクションと、それから建物建設を担当する建築セクションとの縦割りによる連携不足があるということと、市場長など管理部門のチェックもなされていなかったということで、そして、そういう縦割りの中で、答弁は、前に使った答弁をそのまま活用してしまったという話でございまして、非常に遺憾、残念な流れがここで見られるということであります」

続きを読む

「ニュース」のランキング