産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「あと、やはり、企業においても、もうぎりぎりのところの会社と、それから将来を見据えて、そして若い人たちにもどんどん仕事をさせるベンチャーのようなところと違います。ですから、その意味でいえば、豊かさゆえの、それから大組織がゆえの一種の甘えと、それから油断があったのではないだろうか」

 「最近、幹部の方々ともお話をするのですけれども、都政大改革だとかいろいろ言っていますけれども、でも、これを改革のいいチャンスにしたいとおっしゃってくださる方は結構多いのです。とはいえ、勝手が違うと言って戸惑っている幹部の方も多数おられるとは思いますけれども、けれども、ここで、今のような無責任体質を今後も続けていくということは私はあり得ないと思うし、何よりもメディアが都政にこんなに注目したのはこれまでにないことですから、だから、もう無責任体質、体制でなんかやっていられない都政になったと、結果として思います」

 「ですから、皆さんも、しっかりこれからも都政をチェックしていただきたいし、また、そのことが都の職員を鍛えることになると思いますし、皆さんにそれをお願いするというのもどうかと思いますけれども、しかし、全体的な、まさしく山本七平的空気の研究という観点からも、今回の都政の様々な課題というのは生じてきたようにも思います。しっかり、ウォッチを続けていただきますようお願い申し上げます。最後にお1人いきたいと思います」

続きを読む

「ニュース」のランキング