産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「私は、リオのオリンピック・パラリンピックも終了いたしましたので、まさしくこれから本腰を入れるところ。改革本部によります大胆な報告というのは、もう一度改めてワイズスペンディング、本当に何が必要で、何が国民にとってプラスで、都民にとってプラスで、そして楽しみにつながっていくかというポジティブな部分を出していく。これからそのチャンスにするためにも、そういった本当に必要なことについては話し合おうという、そういうことだと、このように思っております」

 「もっとも調整会議も時間も短く、また、何て言うのでしょう、みんな遠慮し合うというようなところもあって、なかなか本音で話すような状況にはならないのが実情かなと思っております」

 「一つ、昨日は改革本部から爆弾を頂戴いたしましたので、むしろこれを起爆剤にして、もう一度原点に立ち戻る。もちろん現実がございますので、相手があることでございますので、それらを総合的に判断して、都としてどうするかというのは、これから更に詰めるところは詰めて、そして進めていきたいと思っております」

続きを読む

「ニュース」のランキング