産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 --東京五輪に幾らかかるか、その情報、情報共有がない。例えば、国、都、組織委員会が共同で総費用を積算して、都民、国民に示すことはできないのか

 「リオのオリンピック・パラリンピック両方が無事終了し、それぞれ視察等をし、そしてその上での調整会議が昨日開かれたわけでございます。そして、その後に改革本部の方から総予算は場合によっては3兆円という話が出て、そしてまた、問題点として、ガバナンスについて、さらに社長や財務部長がいないという大変手厳しい分析をされておられた。一つの企業が事業をする際にも、やはり予算というものを組み立てて、そのためには何にどれぐらい使われるか。国や都についても事業を行う際は同じように予算を組み立てて、承認いただいてということであります」

 「一言で言えば、やはり調整会議の調整という言葉が示すように、幾つのも関係、ステークホルダーが組織委員会であったり、東京都であったり、それからJOC、JPC、そして国、文部科学大臣がいて、五輪担当大臣がいてということで、船頭はたくさんいるわけです。それぞれがそれぞれの感覚で、お財布で、もしくはお財布がないからいろいろ知恵を出してということで、寄せ集めという言葉は使いたくないですけれども、そういう状況になってしまっている。だからこそ、ガバナンスという言葉が使われている」

続きを読む

「ニュース」のランキング