産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「今の問題につながるのですけれども、都庁のマネジメント、ガバナンス、この機能強化をしなければならないという考えをベースにいたしまして、この度『都庁マネジメント本部』なる組織を設置いたしました。これは、今回の市場問題で情報が共有されていなかったこと、それから責任の所在が曖昧であったこと、そして、様々な都政運営上の数々の課題が浮かび上がったわけでございますので、それではどうするかということで、この都政の信頼を取り戻すというためには、マネジメントをもっと強化していく、そして重要な情報を、きちんとそれぞれが縦割りを超えて共有していこうという、それを行うための会議でございます」

 「そして、今日、午前中に既に1回目の会議を開催いたしました。ここは、4人の副知事、そして各局長等々が参加をいたしまして、むしろ、いい情報を分かち合うのも楽しいのですけれども、むしろ、今、何が大変か、今は大変なことばかりですが、今後起こってしまって、そして大変な事態が起こるかもしれないといったような、将来的な問題点等々、いい話よりも、ちょっと悪い話から、みんな共有していこうと。悪い話を共有というか、いずれにせよ情報を共有していきましょうというものであります」

続きを読む

「ニュース」のランキング