産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「最も大きな要因というのは、ガバナンス、責任感の欠如」

定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見で報告書の内容を説明する小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「この、今日出てきた報告書というのは、組織の中で情報共有ができていなかった、情報公開が間違った公開をしてきて、それから、この巨大組織の中で建築、土木、そして環境、それぞれが縦割りであって、それぞれの責任の所在が不明確であったという別の問題が途中から生じてきたことでございまして、そういった意味で、今回の報告、これはむしろ、更に都庁の構造問題につながってくると思いますので、今のような方法で、更にこの組織、都庁のガバナンスがしっかりと働くように、そしてまた、都庁の職員が、高い志と、そしてまた士気を持って、都民の皆様のために、これからもしっかりと、元気に働けるような、そんな環境をもう一度取り戻していくためにも、そういった形で進めていきたいと、このように思っております」

 「ヒアリングについては、これからもいろいろな関係者の方々に情報を提供してもらおうと考えておりますが、多分ご関心のある、これまでの知事の方のヒアリングというのは、まだ時間的な調整はできておりません」

 「それから、これに関連するのですが、4番目のご報告であります」

続きを読む

「ニュース」のランキング