産経ニュース

【小池知事定例会見録】離党勧告の区議ら「7人の侍をしっかりと守るのが私の責任」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
離党勧告の区議ら「7人の侍をしっかりと守るのが私の責任」

記者の質問に応える小池百合子都知事 =23日、東京都新宿区(春名中撮影) 記者の質問に応える小池百合子都知事 =23日、東京都新宿区(春名中撮影)

 --都立広尾病院の青山エリアへの移転新築について。当時の病院長は、現地建て替えがよいとの見解を示していたが、その後、移転で進み、移転場所の土地取得代370億円が計上され、議会で可決された。事前も事後も患者への説明がなく、当時の病院長や医師会も、いつ誰がどこで決めたのか、決定のプロセスに疑問を持っている

 「広尾病院につきましては、基本的に、明日、明後日の話ではなく、豊洲市場のようにもうできてしまったという話ではなくて、(開設は)7年先の話でありまして、平成35年ということになっております」

 「それから、土地の取得には、大きな費用も伴うということでありますし、先日、地価の公示があったところで、地価の方もかなり上がっているという話も聞いているところでございますので、これは慎重な対応が必要だと考えております」

 「これについては、私あまり詳しくは承知をしておりませんので、幾つも今、課題がある中で、優先順位については、私は現時点であまり高いところに置いていないというところであります。これまでの経緯などについては、丁寧に説明を伺ってからということにしたいと思います」

 --豊洲問題の報告書で、政策変更の時期や空洞にした理由などが分かったと評価できる部分はあるか

 「まだまだ詳細な説明が必要、チェックが必要だと思っております。そして、ヒアリングの最中でもございますので、(経緯について)分かったところ、分かっていないところ、まだ、まだら模様でございますので、最終報告の場できっちりとお答えしたいと思っております」

 --歴代の市場長5人がみんな「変更を知らなかった」と言っている状態についてはどう受け止めるか

 「ちょうど(リオデジャネイロ出張で)留守中の話でございまして、つぶさに皆様方の報道を見ていたわけではございません。また、いろいろと紙面なども十分なチェックができていたわけではございませんが、東京からもたらされた情報では、今、ご質問のとおりであったかと思います」

 「歴代の市場長、平成18年から現在の岸本さんに至るまで、合計5名の方でありますけれども、何と言うのでしょうか、これこそガバナンスの問題と、それから縦割りの問題と、それから誰のお金でやっていて、誰のための市場なのかという、ちょっときつい言葉を言わせていただくと、無責任体制と言わざるを得ないと思います」

 「そして、先ほども申し上げたように、誰が犯人とか、誰が悪いと、そうやって特定、ピンポイントはできないことはないと思うのですけれども、そのことが目的ではなくて。目的の一つではありますけれども、しかしながら、そういう形で都政が不透明であったという、それをこれからも続けていきますかということが今問われていると思います」

 「そして、前も申し上げたと思うのですが、私は座右の書が日本軍の失敗の本質という、『失敗の本質』というタイトルで、大変名著とされるわけですけれども、ミッドウェー作戦からガダルカナルとか、日本軍がいかにして負けたかという本なのですけれども、経営書として読んでも面白い。面白いと言ったら先人に失礼だと思いますけれども、それぞれ何をどうやって間違ったかというのは、大体失敗に共通することで、要は楽観主義、それから縦割り、陸軍と海軍の縦割りとか、それから、兵力の逐次投入とか、こういうことで日本は敗戦につながっていくわけですけれども、都庁は敗戦するわけにはいきませんので。それは都民の皆さんの命を預かっているし、食も預かっている。そういう意味で、私はこの5人の市場長は率直におっしゃっているのだとは思いますけれども、そのあたりの責任をどこまで感じておられるのか。それをどうやって後輩のために生かしていくのか、そういったことに大変関心があります」

 --当初は(豊洲問題についてまとめるよう指示した期限が)リオから帰ってくるまでだった。普通の組織なら局議の内容、外部との接触等についてヒアリングをせずとも記録が残っていてしかるべきだと思う。期限がきちんと守られていないという点については

 「出発前の言葉が足りなかったかもしれません。調べる量は膨大だということは承知をしておりますので、基本的には帰ってくるまでにまとめるのはある種の中間報告のつもりでおりました」

 「そして、所信表明がございますので、それまでにということで、その区切り、それをあと2日ほど延ばしたということでございます。それだけに、最終的に上がってくる報告書は意味のあるものでなければ、それこそ意味がないということだと思っております。おっしゃるとおり、さまざまな記録が残っているはずです。本当にどこまで残しているのかも行ってみないとわからないかと思いますが、それらを凝縮した形で、今、私のところに上がってきているものだと思います」

続きを読む

関連ニュース

【朝鮮学校問題】「朝鮮総連は在日の人権踏みにじっている」 小池百合子知事が打ち出した補助金凍結に、さらなる強硬策を求める声

「ニュース」のランキング